人工歯を取り付けるならインプラント治療を選ぼう

歯型

骨を補う治療

白い歯

永久歯というのは一度失うと二度と生えてきません。虫歯や歯周病、事故などでそんな大事な永久歯を失ったという場合に、人工歯を取り付けてみることを検討するといいでしょう。人工歯というのは主にセラミックでできていて、見た目は白く他の歯とかなり似ています。そんな人工歯を取り付ける方法の1つにインプラント治療があるのです。大阪にある多くの歯科で、このインプラント治療が行なわれていて、そのおかげで自分の歯と変わらない感覚で物が噛めるようになるでしょう。インプラント本体と呼ばれる部分は歯茎に埋め込む金属のもので、そこにはチタンが使われています。チタンという金属は生体との親和性に優れている素材で、埋め込んで数ヶ月経つと骨と結合したり歯茎に馴染んだりするのです。顎の骨に埋め込む作業が必要になるので、顎の骨が元々薄い場合にインプラントの治療が断れられることもあります。それでも治療をしたいという人は大阪でGBR法を行なっている歯科を探すといいでしょう。このGBR法というのは骨が少ない人のために使われる治療で、歯槽骨や顎の骨の再生を助けるというものです。大阪にある限られた歯科でこういった骨を再生する方法が行なわれていて、他の歯科で断られたという人が治療を行なっています。その方法を用いれば約4ヶ月から5ヶ月で希望した部分に骨を作ることができるのです。大阪の歯科ではこの方法で補強したり、骨を補ったりしたあとにインプラント治療を施します。この他にもインプランに関する様々な治療が行なわれています。