人工歯を取り付けるならインプラント治療を選ぼう

歯型

設備と医師の経歴を見る

歯科

歯を事故や病気で失ってしまったときの選択肢の1つにインプラント治療というものがあります。歯を失ったままだと見た目も不格好になってしまいますし、食べ物が間に入って細かく噛めなくなってしまうでしょう。また、隙間ができたことで発音に支障をきたしてしまう可能性もあります。かみ合わせがずれて悪くなることも考えられるので、なるべく人工歯を取り付けるようにしましょう。港区の多くの歯科で行なわれているインプラント治療というのは、歯茎に土台を埋め込んで人工歯を取り付けるという治療方法です。入れ歯やブリッジと比べ、左右の歯に大きな影響を与えることなく人工歯が装着できるのです。この治療では歯茎にチタンという金属でできたインプラントを埋め込みます。人体に異物を埋め込む手術なので失敗してしまう可能性もあるのです。失敗を避けるためには何を意識したらいいのでしょうか。私達が治療を成功させるために気をつけたいのが医師選びや港区の病院選びです。まず、港区で歯科用CTを導入しているというところを探すといいでしょう。なぜかというと、歯科用CTなら歯や顎の状態を詳しく調べることができるからです。レントゲンだけで検査をしている場合、平面的にしか調べることができず顎の骨の厚みや奥行きを確認することができません。そのまま治療を勧めた場合、どこまでインプラントを埋め込むのか、どの位置に挿入すればいいのかといった判断を医師の感覚に任せなくてはいけません。歯科用CTなら立体的に状態を確認することができるので、きちんとした計画を立てられるのです。また、港区でインプラント治療で有名な医師を探すということも大切です。専門的な治療なので多くの経験や知識がある医師を選びましょう。