人工歯を取り付けるならインプラント治療を選ぼう

デンタルクリニック

入れ歯やブリッジとの違い

歯医者

虫歯や歯周病がひどくなってしまうと抜歯をすることがあります。また、事故や怪我で歯を失ったという人もいるでしょう。このように歯を失ってしまったときに人工歯を装着するという選択肢があります。人工歯を取り付ける方法は大きく分けて3つあり、入れ歯やブリッジ、インプラントという手段があるのです。大阪にある多くの歯科でそういった人工歯に関する相談をすることができるでしょう。部分的な入れ歯というのは残っている左右の歯を支えにして人工歯を歯茎に被せる方法で、一部ですが保険が適用されます。ただ、保険で作った入れ歯は歯茎にぴったりフィットしないので、物を噛んだときに痛みを感じてしまうことがあるのです。そんなときはすぐに大阪の歯科で他に方法があるか相談するといいでしょう。ブリッジという方法も、左右の歯を利用して人工歯を取り付ける方法で、数本の人工歯が連なったものを歯に被せて取り付けます。綺麗に被せるためには天然の歯を削り形を整えなくてはいけないのです。せっかく残っている大事な歯を傷つけたくないという人は、大阪の歯科でインプラント治療を受けるといいでしょう。インプラント治療は先程の2つの方法と違って左右の歯を支えにする必要がありません。なぜなら、歯の抜けた部分に人工歯の土台となるインプラントを埋め込んで顎の骨や歯茎と馴染ませるからです。埋め込んだインプラントが骨や歯茎に馴染んで結合することで動かない丈夫な土台となるのです。そして、その上に人工歯を取り付けるため、他の歯に影響を及ぼしません。歯が抜けている部分が気になる人は大阪でインプラント治療をしている歯科を探しましょう。

歯についた色を落とす

女性

歯に付いた黄ばみや黒ずみを落としたいと考える人は多いでしょう。そんな人は豊橋の歯科でホワイトニングを行ないましょう。薬剤を歯に塗布して色を分解する方法です。歯科でケアする方法と自宅で行う方法があります。

設備と医師の経歴を見る

歯科

歯を失ったときの治療の1つがインプラントです。インプラントの治療はとても専門的なので失敗してしまう可能性もあります。失敗を避けるために、港区で歯科用CTを導入している病院や腕のいい医師を探しましょう。

骨を補う治療

白い歯

歯を失ったときの選択肢の1つにインプラント治療があります。大阪にあるほとんど歯科ではインプラントを埋めるために必要な骨の量が足りていないと治療が行なえません。そこで、GBR法を導入している歯科を探しましょう。